読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欧倫ホームの影ブログ

愛知県の注文住宅会社「欧倫ホーム」でヒソヒソと活動する営業企画部社員のブログである。住宅関連の記事をメインに興味・関心のある話題を記事にしている。

照明や光について楽しく学んでみませんか?【無料講座のご案内】

 f:id:auring-kikaku:20170129174641p:image

 

2月4日(土)の14時から、「暮らしを変える 照明と幸せの心理学」という照明や光にまつわる講座を開催します!こちら、参加は無料ですが、先着12名となっております!

 

講師には、カラボ色大学で講師を務められている立川弘幸先生にご登壇いただけることになりました!

 

光にも色んな種類があるってご存知ですか?

光の種類によって人が感じる印象が変わるんです!

 

勉強がはかどる光とは?

料理が美味しく見える光とは?

などなど、つい人に話したくなるような雑学も交えながら楽しく学んでいきましょう!

 

全3回講座となっておりまして、第1回目は光の基礎知識や最新の照明デザインについてなど。

まだ空きがございますので、ぜひご参加くださいませ~(^^)/

 

***************

f:id:auring-kikaku:20170129174648j:plain

講師:立川弘幸 先生

株式会社カラボ代表取締役 IACC国際カラーコンサルタント
学生時代に文部科学省後援色彩検定1級を取得後、東京商工会議所カラーコーディネーター検定環境色彩1級、商品色彩1級、ADEC色彩士検定1級理論を取得。その後、色彩に特化したWeb及びコンサルティングの株式会社カラボを立ち上げ、色彩心理学、生理学、人間工学をベースに東証一部上場企業から中小企業、個人まで幅広くカラーコンサルティングを行っている。
三重県商工会連合会、津商工会議所エキスパート専門家。名古屋産業大学、名古屋経営短期大学非常勤講師。好きな色はターコイズブルー

***************

 

▼ご予約・詳細は下記タイトルをクリックください▼

暮らしを変える 照明と幸せの心理学
~いい照明ってなんだろう?劇的に変わる!照明の考え方~

日時:2/4(土)14:00~15:30
会場:欧倫ホーム 欧倫ミュージアム大名古屋ビルヂング11F)

 

整理収納アドバイザーの鷲見真希さんに聞いてみた!

今回、お話を伺ったのは、愛知・名古屋で活躍されている整理収納アドバイザーで、バービースタイル代表の鷲見真希さん。

以前から当社(欧倫ホーム)主催の「整理収納講座」でお世話になっていますが、今回は、改めて気になることをインタビューさせてもらいました!

お話を伺っていると、お掃除への心構えやコツを聞くことができました。

 

f:id:auring-kikaku:20170116002544j:plain

 

< 私 > 今日はインタビューよろしくお願いします。

 

< 鷲見さん > こちらこそよろしくお願いします。

 

< 私 > 早速ではありますが、以前にも少し伺いましたが、鷲見さん自身は昔から掃除ができていらっしゃったわけではないと。そこから変わられるきっかけは何があったのでしょうか。

 

< 鷲見さん > そうなんです(笑)。きっかけはありました。整理収納に目覚める以前に、お友達の家なのですが、同じ間取りなのにすごく綺麗で、素敵な暮らしをされている方がいたんですが、ある日、急にそのお友達の家に遊びに行くことになったんですね。普通なら事前にお掃除とか必要なものですが、そのお友達にはまだ生まれたばかりのお子さんもいらっしゃったにも関わらず、部屋は綺麗で、しかもどこかのホテルのランチコースを食べているかのようなくらいに素敵な料理が次々に出てきて。。。もう自分と比べてしまって「何だろうこの人は」とちょっと泣けてきちゃったんですね。「何か荒んだ生活してるな私」って。

 

< 私 > ではそこから整理収納への関心が高まっていかれたということですか。

 

< 鷲見さん > そうですね。名古屋に来て最初に始めたのが家事代行のお仕事だったんですけども、お客様のお宅にお伺いしてお掃除する仕事ですね。でも、それがお掃除はするけど片付けられない。だから部屋に物が溢れていても、お掃除するにも関わらず最後は元通りに戻さなければならないんです。「これ掃除できないじゃないの!配置を覚えとかないといけないし!」と思ったんですが、初めは掃除前に写真も撮って頑張って元通りにしていたんですけど、「これじゃだめだな」って思って「片付けちゃえば掃除なんて楽なのに」と思ったので、お客さんに「一緒に片付けませんか?」って聞いたんです。そしたらお客さんも「やりたい!」って言ってくれて、仕事内容以上のことをやってしまっているんですけどね(笑)。

 

< 私 > それはバービースタイルを立ち上げられる前ですか?

 

< 鷲見さん > そうですね。それから“整理収納アドバイザー”という仕事があることを知って、家事代行サービスの仕事は辞めてバービースタイルを立ち上げました。家事代行時代の経験は、そういったことまで含めてやってほしい方が結構多いんだと感じさせられました。

 

< 私 > 片付けまで含めてということですね。

 

< 鷲見さん > そうです。片付けが苦手な方は、お掃除と整理収納の区別がついていないですね。きちんと順番があって、まずは“整理”、物を減らしたり選び取ったりすることですね。次に“収納”、使いやすい場所に収めること。その次に“整頓”、きちんと並べること。そして最後に“お掃除”なんです。だからいきなりお掃除をしようと思っても掃除なんてできないんですよね。物がありすぎて。きちんと片付けまで終わってから掃除ができるとどれだけ効率が良いか。。。ちなみにお掃除の後は“インテリア”です。

 

f:id:auring-kikaku:20170116002852j:plain

 

< 私 > なるほど。確かに、いざ掃除!と思っても何から始めていいのか分からなくなるんですよね。特に大掃除の時なんて。。。

 

< 鷲見さん > 私たちのもとにご依頼がある時は、皆さん、日常に追われてしまって片付かなくなったお手上げ状態の時です。頑張って片付けようと思ったけど、かえって散らかってしまってという方も多い。それは決して間違いではなくて、“お掃除本”にもよく書いてあるんです。「まずは全部出す。それから種類ごとに、服なら服で集める」とか。でも物が多い状態でそれを始めると大変なことになります。だからご自身でやるのであれば、1日1か所15分くらいで良いので、例えば「引き出しの1か所、この中で使っていないものを処分して必要なものを厳選する」とやっていく。すると全体量が減ってくるので最後に大掛かりなものに取り掛かりやすくなります。物を出すのが大変なようであれば、“間引く”という方法も良いと思います。物を全部出すと、出した様子にゾッとして気持ちが下がっちゃったりすることもあるでしょうから。

 

< 私 > なるほど。整理収納のコツって普段の生活の中にいかに取り入れれるかということなんですね。

 

< 鷲見さん > そういうことですね。私はそう思って、お客様にもそうやってお伝えしています。例えばキッチンとかはほとんど物を置かないことをオススメしてるんですね。コンロ周りにも置かない。なんかよくキッチンツールとかで掛けるものとかありますよね。あれも油汚れとかホコリとかで汚れがこびりついちゃうんですね。掛けてあることで、隠れた部分の壁面って油まみれになっちゃったりするんですよね。あと調味料もお洒落に出してあったりするんですけど、実はケースが油まみれになっているケースが多いんですよね。だからもう置かない。そのかわり水の激落ちくんスプーをかけて拭く。決して時間をかける必要なくて、10~20秒の話なので、でもそれをやるだけで常に綺麗をキープできる。大掃除の時の一時ではなくて、毎日10~20秒できるかですよね。だから全てがついでなんですよね。例えばキッチンでも、食器スポンジも、食器を洗い終わったら、そのあとシンクも毎日洗っちゃう。食器と同じ扱いをしてるんですよね。だからよくスポンジひとつとっても、色んな種類を持っていらっしゃるんですが、毎日洗うのでどこも汚くなくて、1種類しか必要ないんですよね。そしてキッチンスポンジもクタクタになってきたら捨てる前に網戸掃除もしちゃいますし。歯ブラシも開いてきたら排水溝を掃除して捨てちゃいます。排水溝って汚れが詰まってると人生とか仕事とか、人間関係も詰まりやすいって言われているんですね。だから逆に「行き詰まってるかなぁ私」と思ったら、排水溝を掃除します。詰まりを除くと気分もスッキリしますし。

 

< 私 > 気持ちの問題ですね。

 

< 鷲見さん > そうですね。講座の中でも話しますが、整理収納を行うことで得られるメリットが3つあると思っているんですが、1つ目が“経済的効果”、2つ目が“時間的効果”、そして3つ目が“精神的効果”です。特に私が日頃感じているのは精神的効果です。これはどの方を見ても一番大きいなと感じますね。

 

f:id:auring-kikaku:20170116004705j:plain

 

< 私 > なるほど。では続いてですが、「掃除したいな」「しなければいけないな」と思っていてもなかなか出来ないという方っていらっしゃると思うんですが、アドバイスされるならどんなことをお伝えしますか?

 

< 鷲見さん > 片付けの時に写真を撮ってやると、これだけ頑張ったというのが良く分かるんですが、やっぱり自分で自分を褒めてあげないとなかなかね。なんとなくマイナス思考になりがちなので、よけいにできたことに目を向けていく方向にするといいなと思ってるんですね。常々。お客さんとか皆、掃除できてないし片付かないんですって言ってすごい暗い感じになられるんですね。で、良くいうのが、「お子さんの面倒一生懸命見てるじゃないですか~それだけでできてますよね~それが一番ですよね~」って感じで。「出来なかった出来なかった」じゃなくて「出来た出来た」でいきましょうねと。ちょっとでも出来たらすごくないですか?例えば、普段階段掃除してないけど、「今日階段掃除できた私凄い」「冷蔵庫汚くなってるところちょっと拭けたんだ私すごい」みたいな、なんかそんな感じで良くないですかねって。ちょっとでも出来なかったところを出来たら良しとする。だって限られた時間で厳しいですよ。

 

< 私 > 以前から鷲見さんには当社で開催している整理収納講座でお世話になっているわけですが、講座が終わってお客様にお話を伺っていると、「これくらいで良いんだ」と安心されている方が多いように感じました。

 

< 鷲見さん > 限られた時間で難しいですよ。私もいつも忙しいのですが、それでも絶対自分を楽しませる時間は確保したいと思っています。ドラマも観たいですし、普通にゆっくりと寛いだりもしたいし、友達とだって買い物に行きたいです。美味しいランチも食べたいし、子供とだって遊びたいですよね。だから家事はある程度適当で良いって自分では思っています。そして家事もひとりで抱えすぎないことが大切だと思います。家族にはある程度協力してもらう姿勢をとってもらうことが大切ですね。

 

< 私 > 貴重なお話、ありがとうございました。

 

f:id:auring-kikaku:20170116011842j:plain

 

【 インタビューの感想 】 

鷲見さんのお話を伺っていると、もっとリラックスした気持ちで取り組んで良いんだなと気付かされました。鷲見さんの「十分ですよ!」という言葉で救われる方も多いのではと思いましたね。鷲見さんから放たれるリラックスしたオーラや言葉がそうさせるのかもしれません。

 

引越しする際に思い切って捨ててしまいたいものランキング(他社調べ)

新年度が始まって2週間が経ちましたが、欧倫ホームにも新入社員が入社し、気持ち新たに頑張りたいと感じる今日この頃です。。。

さてさて、年度末~年度始めは引っ越しが多い時期だと思いますが、日頃の業務諸々に追われて取りあえず段ボールに詰めて運んだだけ!になっている方も多いのではないでしょか。

「どこにこんなに入っていたんだ」と思うくらい、荷物が出てきたり、「我が家ってゴミ屋敷?」と気付くくらいゴミが出ますよね。それだけ捨て切れずに仕舞ってある物って多いと思います。

引越し見積もり比較サイト『SUUMO(スーモ)引越し見積もり』を運営する、株式会社リクルート住まいカンパニーの調査による< 引越しする際に思い切って捨ててしまいたいものランキング >が紹介されていました。

< 引越しする際に思い切って捨ててしまいたいものランキング >
1位:もう着なくなった衣服 82.0%
2位:古くなった家具・家電 47.8%
3位:もう一度読むと思って取っておいている雑誌・本 42.5%
4位:賞味期限の切れた保存食 36.0%
5位:趣味が合わずしまってある貰い物(プレゼント・引出物など) 34.0%
6位:元カノ・カレとの思い出の品 18.5%
7位:ホームパーティーで1度だけ使ったアイテム 12.3% 

  どれも大体当てはまる方ばかりでは?

私も昨年引っ越しをしたのですが、個人的には3位の『雑誌・本』、欄外かもしれませんが、『壊れてしまって処分出来ていなかった家電』が片付いてそれはそれはスッキリしました。

なかなか処分が面倒でそのまま放置されている物って意外とあるのではないかなと思います。そういったものは引っ越しのタイミングが一番の捨て時ですね。

 

断捨離って大切です(^_^;)

 

引用元:【SUUMO引越し】引越しする際に思い切って捨ててしまいたいものは?

公衆電話の活用法?

 

http://greenz.jp/main/wp-content/uploads/2015/02/solarboxadd2.jpg

携帯電話の普及により、あまり見ることが無くなった公衆電話(電話BOX)ですが、海外でもそれは同じこと。しかし海外では再利用され、何とも便利なものに生まれ変わっているようです。


街のシンボルをいつまでも残しておきたい! ロンドンの学生が始めた、電話ボックスをソーラー充電所に変身させる「Solarbox」 | greenz.jp グリーンズ

 

「再利用しよう」という動きは大切だと思います。 

ちなみに日本の公衆電話の活用事例はどんなものがあるかなと思って検索してみましたが、特に見つからず。。。ただアンケート調査などは行われているようです。

公益財団法人 日本公衆電話会 -- 公衆電話の利用実態、「安全マップ」および「こども手帳」の活用状況に関するアンケート調査結果

 

「公衆電話への要望」としてアンケートがありました。個人的にいいなと思ったのはこれです↓

 Q.「こんな公衆電話があったらいいな」と思うものを教えてください。

小学4年生:自分の家の電話番号のはいったカードがあればお金がなくても電話がかけることができる。

できて当たり前のようにも思いますがどうでしょう?画期的だと思いますが。とは言え導入には相当なコストが必要そうです。。。今や利用するのは限られてますからね。

公衆電話の数は減る一方*1ですから何か上手い活用法が見いだせると良いですね!

 

日本の公衆電話もこんな洒落たデザインなら良かったのでしょうか?

広告を非表示にする

あいちの統計

大変ご無沙汰しております。

久しぶりの更新です(^^;;

 

先日、愛知県より公表された月報【 あいちの統計(2月9日更新)】を見ていてちょっと面白いなと思ったので記事にさせていただきました。

 

皆さんはお住まいの県や市区町村単位の統計データが公表されているのをご存知でしょうか。統計というと忘れた頃にやってくる【 国勢調査 】がおなじみですが、今年はその【 国勢調査 】の年でもあります。10月1日に実施されますね。

国勢調査は5年に1度。詳しくは下記リンクをご覧ください。) 


国勢調査2015 キャンペーンサイト ‐ 総務省統計局

 

さて話を戻しますと、2月の公表では12月度の人口統計*1 が出ておりまして、それによると平成27年1月1日現在、愛知県の人口(推計)は、7,446,523人。そのうち男性3,719,813人、女性3,726,710人でした。

推計値 = 国勢調査結果 + 住民基本台帳等による増減数

平成26年1月1日現在では7,435,247人でしたので、+11,276人です。

(人口は毎年少しずつ増えています。)

 

県内で最も人口が増えたのは緑区で+279人。2位の瑞穂区でも+135人ですからどういった影響があったのか気になるところですが、土地探しで検討地に緑区が入るケースは多く人気のエリアとなっています。

特に徳重近辺は、2011年の桜通線開通を受けて大型ショッピングセンターが併設され、区役所の支所もできました。周辺には住宅地も次々に整備されています。ある情報番組では周辺の公園の数や喫茶店の数が多いことなども取り上げていて、小さい子供を持つ家族に優しい街として成長しつつあるようです。

ちなみに緑区の幼稚園数(国公私立)は名古屋市最多の18箇所*2。その辺りも影響しているのかもしれませんね。(※幼稚園についてはまた後ほど書きたいと思います。)

 

統計を見ると色々なことが見えて面白いです。ぜひ皆さんも住まわれている街の情報として見ていただくと面白い発見があるかもしれませんよ!

12月度人口増加ランキング(転出・転入比)

1位:緑区(+279人)

2位:瑞穂区(+135人)

3位:岡崎市(+124人)

4位:天白区(+106人)

5位:名東区(+97人)

 

広告を非表示にする
欧倫ホームオフィシャルホームページ